メニュー

ブログ - ベストな補聴器購入の為の情報サイト

お問い合わせ

書籍購入はこちら

4133first.com

ブログBLOG

将棋・藤井七段が最年少新人王!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2018年10月18日(木)

将棋・藤井七段が最年少新人王!

第49期新人王戦決勝で藤井七段が2連勝して新人王のタイトルを獲得しました。31年前に森内九段が打ち立てた17歳0カ月の最年少記録を16歳2か月で更新しました。既に七段に昇格している為今回が最後のチャンスでした。羽生竜王や佐藤名人らも獲得し、トップ棋士への登竜門とされる“新人王”の称号獲得なので、藤井七段も素直に喜んでいたそうです。藤井七段のこれまでの記録を掲載しておきます。

  最年少プロ入り:2016年10月、史上最年少14歳2カ月でプロになり、12月のデビュー戦で前記録保持者の加藤一二三・九段に勝利しました。

  最多連勝:2017年6月、デビューから無傷で公式戦新記録の29連勝を達成しました。

  スピード昇段:2018年2月の順位戦でC級1組への昇級を決め、中学生で初の五段に昇段しました。

  朝日杯オープン戦優勝:2018年2月の朝日杯オープン戦で羽生竜王らを破り中学生初の棋戦優勝と最年少六段に昇段しました。

  記録4冠:2017年度の記録全4部門(対局数、勝数、勝率、連勝)を最年少で独占しました。

  最年少昇段:2018年5月の竜王戦で2期連続昇級を決め、最年少で七段に昇段しました。

○  新人王戦優勝:16歳2カ月で新人王のタイトルを獲得しました。31年振りの更新です。

森保JAPAN・世界ランク5位のウルグアイを撃破!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年10月17日(水)

森保JAPAN・世界ランク5位のウルグアイを撃破!

昨日行われた国際親善試合で、FIFAランキング5位のウルグアイを4-3で破り、2013年のベルギー(当時5位)戦以来、5年ぶりに同ランク10位以内のチームから勝利を挙げました。過去には2010年に当時5位のアルゼンチン、2004年に当時9位のチェコ、2001年年に当時10位のパラグアイを破った例があるだけです。中島が“ドリブルお化け”のようにウルグアイ守備陣を翻弄し、ロンドン五輪世代の大迫、リオデジャネイロ五輪世代の南野、東京五輪世代の堂安がゴールを奪う華やかな試合でした。特に評価したいのは若い世代のスピードとその持続力でした。これまで見てきた日本代表の試合スタイルとは次元の違いを感じました。相手が世界5位のチームでも委縮することなく、同じ目線で戦っていたのも印象に残りました。一方失点は3点で、その内2点はコーナーキックからのセットプレーで取られています。これまでと同じ弱点が表面化した様に思えました。森保監督は試合後の記者会見で、新旧の融合がうまく機能していることを強調し、問題点については具体的な話はなく、今後の課題とだけコメントしています。他にも様々なコメントがあり興味深いです。日本サッカー協会相談役で、元キャプテンの川淵三郎氏はツイッターで「小気味いい。早い。思い切りがいい。意外性がある。倒れない。ワンパターンではない。失敗を恐れない。強い。そして、現在の日本サッカー代表は見ていて面白い!」と記載しています。実際に観戦していた英国ライターのキャメロン氏は総論として「守備は課題ばかり。攻撃は素晴らしかった」とコメントしています。ウルグアイのタバレス監督は「7点が入ったが、もっと決まってもおかしくないほどチャンスがあった。両チームとも守備のミスが目立ち、望んだ展開ではなかった。しかし日本は勝ちにふさわしい戦いだった」とコメントしています。辛口コメントで定評のあるセルジオ越後氏は「ウルグアイに勝利したのは、ポジティブに捉えて良いのではないかな。今後求められるのは、継続性だ。南野、中島、堂安だって、この調子を維持しなければいけない」とコメントしています。元日本代表の金田喜稔氏は「“化学反応”を起こしたんじゃない。強烈な個の力がチームを変えたんだ」と興奮気味にコメントしています。

今季の学生3大駅伝スタート!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年10月16日(火)

今季の学生3大駅伝スタート!

今年も10月になり駅伝シーズンの到来です。特に話題性があるのは学生3大駅ですが、その第1弾である出雲駅伝が8日に行われました。結果は下馬評通り、原監督率いる青山学院が貫録勝ちでした。2位の東洋大とは結果的に12秒差でしたが、1人当たり2秒差というのは、この世界ではかなりの差だそうです。最初からTOPを譲らなかったので、見ている方としてはあまり面白い駅伝ではありませんでした。次は11月4日に行われる全日本大学駅伝です。出雲駅伝は6区間45.1キロの戦いでしたが、全日本は8区間106.8キロと距離が倍以上になります。原監督によると、青山学院は3大駅伝の特徴に合わせて選手をそろえることが出来るということで自信満々です。青山学院を脅かしそうなのは、東洋大と東海大ですが、新たに駒沢大が浮上してきました。先日行われた箱根駅伝の予選会で凄い記録を出したのです。この予選会は21.0975キロを参加各校12人の選手が走り、成績上位10人の合計タイムで順位を決めます。駒沢大は10時間29分58秒で2位の順大に7分差をつける圧勝でした。昨年までと同じ20kmで駒沢大のタイムを計算すると、その合計タイムは9時間58分18秒となり、2009年に同大学が出していたこれまでの予選会最高記録の10時間3分39秒を大幅に上回るレベルの高さでした。今季の各大学は絶対的なエースがあまりいないので、層の暑さが決め手となるようです。その意味では、全日本大学駅伝よりさらに距離が長くなる最後の箱根駅伝で、駒沢大が力を発揮しそうですが、まずは全日本大学駅伝での各校順位に注目です。

「2018年好きなスポーツ選手ランキング」男女別 TOP10!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年10月15日(月)

「2018年好きなスポーツ選手ランキング」男女別 TOP10!

11回目となるそうですが、オリコン・リサーチモニターが同社の会員1000人にインターネット調査を行った結果が発表されました。内容を見ると、その通り!と思う人選もありますが、どうしてだろう?と思う人選もあります。調査条件は今年活躍したスポーツ選手ということでしたが、必ずしもそのようになっていないようです。日本人の優しさが伺えますが、皆さんの人選は如何でしょうか?

     男性     女性

1位:  大谷翔平   大坂なおみ

2位:  羽生結弦   池江璃花子

3位:  内村航平   吉田沙保里

4位:  宇野昌磨   石川佳純

5位:  錦織圭    高梨沙羅

6位:  田中将大   本田真凜

7位:  本田圭佑   福原愛

8位:  平野歩夢   藤澤五月

9位:  香川真司   宮原知子

10位: 田臥勇太   奥原希望

犬の10大ストレス!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2018年10月14日(日)

犬の10大ストレス!

最近は猫に抜かれたようですが、犬を飼っている人は多いです。買われている犬が感じる10代ストレスがあるそうです。参考に掲載します。

    引っ越し

    飼い主のケンカ

    新しい家族

    お留守番

    大きな音

    不適切な食事

    不適切な気温調整

    不適切な生活環境

    不適切な散歩

    コミュニケーション不足

ストレスを感じたときに、犬は自分の感情をカーミングシグナルとして飼い主に伝えるそうです。具体的には次の様なカーミングシグナルだそうです。

    体の一部分を執拗に舐める

    しっぽを追いかける

    体を震わせる

    しっぽを後ろ脚の間に入れる

    吠える、落ち着きがなくなる

犬を飼っている皆さんには心当たりがあるでしょうか?

東京タワー・テレビの電波塔としての役割終了!

カテゴリ: 雑記(趣味の世界) 公開日:2018年10月13日(土)

東京タワー・テレビの電波塔としての役割終了!

1958年に開業して今年で60周年になる東京タワーが、9月末でテレビの電波塔としての役割を終了しました。直接の原因は東京タワーを使って電波を送信していた放送大学が、地上波放送から衛星放送へ完全移行するためです。しかし、本当の背景は2012年に開業した東京スカイツリーであることは誰もが知っていることです。東京都には、248.1メートルのミッドタウン・タワーや、 247メートルの虎ノ門ヒルズ(最高部255.5m)、アンテナを含めると272メートルあるNTTドコモ代々木ビルなど、200メートルを超える高層ビルが20棟以上あります。ビルに電波が阻害されないようにすることや、携帯端末向けのデジタル放送サービス「ワンセグ」のエリアの拡大も期待し、600メートル級のタワーが必要になり、634mの東京スカイツリーが建てられました。東京タワーには何故か40年営業していた水族館もありましたが、入場客の減少から同時に閉館することになりました。東京のシンボルとして君臨してきた東京タワーが今後どうなるのか気になるところですが、なくなることはないようです。運営している日本電波塔によると、FM放送のラジオ電波の送信は続けますし、地震などの災害や事故でスカイツリーが使えなくなった場合に、NHKや民放のテレビ電波を送るための予備塔としての役割は維持していくとのことです。また、2018年3月に250メートルの展望台トップデッキの改装を完了し、東京タワーの歴史をめぐり、新たな景色を楽しめるトップデッキツアーなどもスタートしています。これからも、東京360度の展望や富士山を拝めるので、ぜひ東京タワーを訪れましょう!

はやぶさ2・リュウグウへの着地延期!

カテゴリ: 雑記(科学、自然) 公開日:2018年10月12日(金)

はやぶさ2・リュウグウへの着地延期!

今月末に予定されていたリュウグウへの着地が来年1月以降に延期されました。JAXAの発表によれば、画像の分析結果、地表面が想定以上に険しい為、今後慎重に場所を選んで着地を目指すとのことです。着地に支障が出る直径50センチ以上の岩が多いので、直径100メートルの場所ではなく、直径20メートルに範囲を狭め、より安全な場所を探すことになりました。11月~12月は、はやぶさ2との交信が悪くなるため1月以降にしたものです。着地に失敗すると全てが台無しになるので、慎重を期してもらいましょう!

補聴器出荷台数・2018年7~9月!

カテゴリ: 補聴器最新情報 公開日:2018年10月12日(金)

補聴器出荷台数・2018年7~9月!

2018年第3四半期(7月~9月)の出荷台数が発表されました。

総台数は146,175台で、前年同期比1.1%の増加です。

ポケット型は4,833台で、前年同期比14.2%の減少です。

RIC耳かけ型は49,522台で、前年同期比12.0%の増加です。

通常の耳かけ型は49,470台で、前年同期比0.4%の微増です。

メガネ型は92台で、前年同期比11.5%の減少です。

耳あな型オーダーメイドは39,832台で、前年同期比3.7%の減少です。

既製品の耳あな型は5,306台で、前年同期比33.1%の増加です。

2018年1月~9月の状況は下記の通りです。

総台数は434,283台で、前年同期比1.1%の増加です。

ポケット型は14,556台で、前年同期比17.6%の減少です。

RIC耳かけ型は146,023台で、前年同期比15.8%の増加です。

通常の耳かけ型は138,957台で、前年同期比1.8%の増加です。

メガネ型は249台で、前年同期比29.9%の減少です。

耳あな型オーダーメイドは117,0220台で、前年同期比4.4%の減少です。

既製品の耳あな型は17,476台で、前年同期比30.7%の増加です。

主宰者コメント:

―全体としては2018年前半の好調を維持しています。9月に開催された補聴器フォーラム2018の影響で最終四半期(10月~12月)に出荷台数の増加が期待されます。

―製品のカテゴリー別にみるとRIC耳かけ型が益々増加する傾向にあります。背景としては、各メーカーの製品が品質的に向上していることや充電式が広まっていることが考えられます。これから購入を検討される方は、まずRIC耳かけ型を試してみることをお勧めします。耳あな型オーダーメイドは減少傾向に歯止めがかかりません。耳かけタイプが多少見えても構わないという時代になってきたのかもしれません。

―既製品の耳あな型も増えています。ほとんどが小型の耳穴型ですが、気安く耳に挿入出来ることが人気の要因です。加えて、一部のメーカーがかなりレベルの高い機種を使用していることも影響しているかもしれません。

高校球児123人がプロ志望届を提出!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年10月11日(木)

高校球児123人がプロ志望届を提出!

熱闘甲子園100回大会で大いに盛り上がった高校球児たちの中で123人がプロ志望届を提出しました。10月25日にドラフト会議がありそこで彼らの運命が決まります。毎年、高校、大学、社会人の志望者から100人前後がプロ野球の世界に挑んでいきます。【本サイト】として高校生の有力選手を選んでみました。果たして全員が志望通りになるのかドラフト会議に注目したいと思います。

吉田輝星投手(金足農):176センチ、81キロ、右投げ右打ち。

今夏の甲子園で準優勝に導いた右腕。福井国体では152キロをマーク。

増田陸内野手(明秀学園日立):178センチ、79キロ、右投げ右打ち。

今春センバツ出場。攻走守、3拍子揃った遊撃手。

益子京右捕手(青藍泰斗):178センチ、80キロ、右投げ右打ち。 

強肩強打の捕手。高校通算23本塁打の長打力に二塁までの送球は1.7秒台の強肩

野村佑希内野手(花咲徳栄):185センチ、90キロ、右投げ右打ち。

高校通算58本塁打のスラッガー。昨夏甲子園で2本塁打を放ち優勝に貢献。今夏は4番投手で出場し2試合連続弾。

山下航汰外野手(高崎健康福祉大高崎):174センチ、77キロ、右投げ左打ち

高校通算75本塁打の長距離砲。

渡辺勇太朗投手(浦和学院):190センチ、90キロ、右投げ右打ち。

最速149キロ。今夏甲子園8強。U18高校日本代表。

米倉貫太投手(埼玉栄):184センチ、84キロ、右投げ右打ち。

名将・若生監督が育てたダルビッシュ2世で最速145キロ右腕。

勝又温史投手(日大鶴ケ丘):180センチ、76キロ、右投げ左打ち。

今夏西東京大会準優勝で最速152キロ。球種はカットボール、スプリット、カーブ。

野村大樹内野手(早実):172センチ、81キロ、右投げ右打ち。

高校通算68本塁打。2年春に清宮とともにセンバツ出場。今夏西東京大会4回戦で敗退。

石橋康太捕手(関東第一):180センチ、85キロ、右投げ右打ち。

強肩強打、高校通算57本塁打の大型捕手

万波中正外野手(横浜):190センチ、88キロ、右投げ右打ち。

投げては最速147キロ、打っては高校通算40本塁打と「二刀流」としてチームをけん引し3年連続で夏の甲子園に出場。

垣越建伸投手(山梨学院):183センチ、92キロ、左投げ左打ち。

最速146キロの大型左腕。今夏甲子園出場。大阪桐蔭・根尾は飛騨高山ボーイズのチームメート。根尾がエースで自身は2番手だった

田中法彦投手(菰野):173センチ、81キロ、右投げ右打ち。

最速150キロ。今夏は3回戦で優勝した白山に敗れた。

鈴木裕太投手(日本文理):182センチ、87キロ。右投げ右打ち。

昨夏の全国高校野球選手権1回戦・鳴門渦潮戦で先発。今春の県大会準々決勝上越戦で初の150キロをマーク。

柿木蓮投手(大阪桐蔭):181センチ、85キロ、右投げ右打ち。

最速151キロの右腕。夏の甲子園で胴上げ投手。U18のメンバー。

根尾昂内野手(大阪桐蔭):177センチ、78キロ、右投げ左打ち。

投手として最速150キロ、高校通算32本塁打。U18では外野手部門でベストナイン。

藤原恭大外野手(大阪桐蔭):181センチ、78キロ、左投げ左打ち。

今夏は4番として打率4割6分2厘、3本塁打、11打点で春夏連覇へ導いた。遠投110メートル、50メートルは5秒7。U18では外野手部門でベストナイン。

横川凱投手(大阪桐蔭):190センチ、85キロ、左投げ左打ち。

大型左腕で春夏連覇に貢献。

小園海斗内野手(報徳学園):178センチ、79キロ、右投げ左打ち。

5日0メートル走5秒9の俊足巧打の遊撃手、今夏甲子園で8強に貢献。2年連続でU18のメンバー。

太田椋内野手(天理):181センチ、76キロ、右投げ右打ち。

昨夏甲子園出場し4強。今夏は奈良大会準優勝。強肩、強打の大型遊撃手。

林晃汰内野手(智弁和歌山):181センチ、87キロ、右投げ左打ち。

高校通算49発のスラッガーで、今春センバツ準優勝の三塁手。

引地秀一郎投手(倉敷商):188センチ、85キロ。右投げ右打ち。

最速151キロ右腕。今夏は岡山大会4強。

中山瞬外野手(創志学園):180センチ、82キロ、右投げ右打ち。

今夏甲子園出場し2戦4安打。

鶴田克樹投手(下関国際):180センチ、93キロ、右投げ右打ち。

今夏甲子園8強。最速147キロ。

市川悠太投手(明徳義塾):184センチ、74キロ、右投げ右打ち。

サイドスロー右腕で最速は146キロ。昨秋明治神宮大会優勝、今春センバツ出場。夏は高知大会決勝で涙。U18のメンバー。

松井義弥内野手(折尾愛真):191センチ、88キロ、右投げ左打ち。

今夏甲子園出場の大型内野手。高校通算40発。投手としても140キロ台の速球。

ヤクルト・山田 3度目のトリプルスリー達成!

カテゴリ: 雑記(スポーツ) 公開日:2018年10月10日(水)

ヤクルト・山田 3度目のトリプルスリー達成!

既に達成が有力視されていましたが、昨日DeNAとの最終戦を終えて、打率・315、本塁打34本、盗塁数33の結果を残し、自身3回目のトリプルスリーを達成しました。3回達成した日本人はいませんし、MLBでもバリー・ボンズだけという偉業です。山田は2012年にプロ野球デビューを果たし、通算たった7年で3回もトリプルスリーを達成しました。未だ26歳と若いので、今後も記録を伸ばす可能性が高いです。

トリプルスリーの歴代達成者を掲載しておきます。(数字は打率、本塁打、盗塁の順です)

(1)岩本義行(松竹)1950年 .319-39-34
(2)別当薫(毎日)1950年 .335-43-34
(3)中西太(西鉄)1953年 .314-36-36
(4)簑田浩二(阪急)1983年 .312-32-35
(5)秋山幸二(西武)1989年 .301-31-31
(6)野村謙二郎(広島)1995年 .315-32-30
(7)金本知憲(広島)2000年 .315-30-30
(8)松井稼頭央(西武)2002年 .332-36-33
(9)山田哲人(ヤクルト)2015年 .329-38-34
(10)山田哲人(ヤクルト)2016年 .304-38-30
(11)柳田悠岐(ソフトバンク)2015年 .363-34-32
(12)山田哲人(ヤクルト)2018年 .315-34-33